2013年12月29日

残酷な運命

クラブの仲間と楽しみにしていた年越し男女群島遠征。

このために、11月の頭の3連休に対馬に行って以来、釣りを我慢し続けてきた。
デカマラのテスト用に竿も新調した。



しかしクリスマスイブの夜、予想もし得なかった恐るべき事態が起こった。

まず長男が餌食となり、続いて3日後には次男も。
恐らく自分の体も既に蝕まれているに違いない。
今はまだ元気でも、男女群島に着いた途端に発病などしてしまっては、憧れの男女の魚達を汚染し、同行する仲間に感染してしまう。

ノロウイルスは、大阪の自宅で食い止める。

♪我らOut Law、皆生きてまた会おうぞ。
運命は残酷だ。されど、ノロを恐れるな。Moira が戦わぬ者に微笑むことなど、決してないのだから...♪
posted by 教官 at 23:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。